交通事故の対処法

交通事故は、一生にそう何度も起こるものではないでしょう。
それだけにどう対処していいかわからないことが多いので、事前に何をすればいいのかを知っておく必要があります。
交通事故の流れをご説明します。


加害者になる場合と被害者になる場合がありますが、今回は被害者になったケースでご説明します。
まず、交通事故に遭ったときは、警察に電話してください。
人身事故、物損事故にかかわらず、交通事故に遭ったら、警察に通報する義務があります。
また、ケガをした人がいる場合は、救急車も呼んでください。
警察に電話したときに、救急車が必要であれば呼んでくれます。
警察に連絡したら、二次被害を防ぐために車を安全な場所に移動させて、余裕があれば、車の破損状態や現場の状況を携帯電話のカメラで撮っておきましょう。


警察に連絡して、交通事故の届けを出すと、「交通事故証明書」を発行してもらえます。
交通事故証明書は、損害保険会社と示談をする際に必要になります。
自分が被害者の場合は、加害者の自動車保険を使うことになるので、加害者が加入している自賠責保険や任意保険の損害保険会社、契約者の保険番号、契約内容などを調べて、加害者に対して損害賠償を請求します。


警察と損害保険会社への連絡が終わったら、病院へ行ってください。
そのときはまったくケガがなくても、後で後遺症が出る場合がありますから、医師に診察してもらうことが大切です。
医師に診断書をもらったら、それも損害保険会社へ提出しましょう。